湘南モノレール ver,0.65
大船〜湘南江の島
大船〜(湘南深沢)〜深沢検車区


最終更新日 2009年 11/21
・オブジェクトデータは一部RON様の物を借用させてもらっております。
・カーブレールの作成には、TK様の「金太郎飴」を使用させていただきました。
 この場で深くお礼を申し上げます。
サウンドデータ(zip形式)は非常に重いので、
リアルに運転したい場合にはダウンロードして下さい。
各種データダウンロード
(車両データはこちらより指定車両をDLしてください。)
路線データ ダウンロード(ZIP方式)
オブジェクトデータ ダウンロード(ZIP方式)
サウンドデータ ダウンロード(ZIP方式)



湘南モノレール 乗務指南
こちらは大船駅。
ここからモノレールの小さな旅が始まります。
町の中をくねくねと抜けてゆくと、JR横須賀線と交差します。

この左にかかる橋も架け替える計画もあるそうです。
実際に運転してみると凄く狭くて気を使うポイントです。そんな事は一切お構いなしなモノレール羨ましいですね。
最初の駅である富士見町駅に到着。
ここは電車の交換駅で湘南モノレールで唯一の対向式ホームとなっています。
富士見町駅を出た後は長い直線を走り、少ししたら小高い丘を登りはじめます。
モノレールは基本的に、ほとんどの区間を60q/hで走行します。

湘南モノレールは本当に道路から低いところを走っています。
小高い丘を登るとすぐに、湘南町屋駅(三菱電機前)があります。

こちらは改装前の駅で、概観はあさっりとした非常にスマートな駅でした。
こちらは改装後の駅で、崖に足場を作ったような、非常に大掛かりな駅舎に変貌しました。
実際にこの駅が最初に改装された理由は、工事が最も困難だったからという噂もあるようです。実際はどうなのでしょうか?
湘南町屋を出た後は急な下り坂です。
スピードの出しすぎには注意しましょう。
急な下り坂を下りきると、二つ目の交換駅である湘南深沢駅に到着です。
この駅のそばには車庫があり、一部運用では出区・入区が行われます。
深沢駅を出るとまもなく車庫との分岐点に差し掛かります。
本線は直進、車庫は右です。

車庫は後ほど。
湘南深沢を出ると、長い上り坂に差し掛かります。登り切った付近には変電所があり、その後すぐにトンネルに入ります。
そのトンネル内では最高速度75km/hを出します。
山を下って急カーブを曲がると西鎌倉駅です。ここが3つ目の交換駅になります。
西鎌倉駅を出るとだらだらと長い上り坂が続きます。
ここは60qをキープして上りましょう。
坂を上って右に曲がると片瀬山駅です。
ここは停車操作に一癖も二癖もある駅です。減速は急な上り坂を利用して行いましょう。
片瀬山駅を出ると一瞬道路と同一レベルで並走します。
アップダウンの激しい湘南モノレールならではの光景です。
坂を上りきったのもつかの間、だらだらと続く下り坂に差し掛かります。ここは40〜50qを維持してゆっくり下ります。
坂を下りきるとすぐに最後の交換駅目白山下駅に到着。
調子に乗って下り坂でかっ飛ばしていると壮大なオーバーランを起こします。
2つ目のトンネルを抜けるとまもなく終点の湘南江の島駅です。
ここもかなりの下り坂になっているので45〜50qになったら即フルブレーキで停車の準備を行ってください。
14分間の乗務お疲れ様でした。
湘南深沢〜深沢検車区編
入区する列車は、湘南深沢で長い時間待機します。

先ほど本線では真っ直ぐ行ったところを、車庫に入区する場合には右に曲がります。
下の建物はスーパーで、実際の出入区の様子を見ると本当に迫力があります。
先ほどのポイントを抜け、右に大きくカーブすると検車区が見えてきます。
奥の柱の辺りに着たら一旦停止し、警笛を鳴らしてから出発・徐行をします。

本来、日中で車庫に列車が3本も居るというのはイレギュラーで新車と置き換えられる旧車が一緒に居る時だけです。
ですが、本数があった方が見栄えが良い?のでまとめて置いています。
新車での車庫データでは、1本のみです。
ユルユルと進んでいって、左にある柱の辺りまで来たら停車です。
停止位置も無くて非常に癖があるので、はじめて運転したら戸惑うかもしれないです。

新車での運転では、一時停止の後にすぐに停止位置となりますので、気を付けてください。




(C) Twingle 2007-